当院では患者さま、
家族の方々の立場に立ち
あたたかく思いやりのある
ケアを目指します。

高齢者の約4人に1人が認知症またはその予備軍と言われ、2025年には約700万人に達すると言われています。これに対応するために、厚生労働省は認知症の人の意志が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す「新オレンジプラン」を掲げました。当院ではこの新オレンジプランへの取り組みを通して、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに貢献していきます。

地域の皆様に認知症に関する理解を深めるための活動を積極的に行います。地域の皆様に認知症に関する理解を深めるための活動を積極的に行います。

職種問わず、全職員が「認知症サポーター」※1となって普及・啓発活動を行っていきます。認知症サポーターの印となる「オレンジリング」を身に着け、多くの人に認知症への理解を求めます。

※1 認知症サポーター養成講座を受講し、認知症に対して正しい付き合い方を理解し、自分のできる範囲で認知症の人をサポートする人

認知症に対する最適なケアが提供できるよう専門知識を高めていきます。認知症に対する最適なケアが提供できるよう専門知識を高めていきます。

容態の変化に応じて医療・介護等が有機的に連携し、適時・適切に切れ目なく提供されなくてはなりません。そこで、当院では診療、看護、介護などの各分野ごとに従事する職員の認知症に関する専門性をより高めていきます。そのための研修の受講や、認定等の資格取得などを積極的に推進します。

老年性だけでなく若年性の認知症にも対応します。老年性だけでなく若年性の認知症にも対応します。

認知症として一緒に扱うのではなく、老年性と若年性の違いを明確にし、それぞれに最適な対応ができるよう職員体制の確立をめざします。

ご家族の方の不安を少しでも取り除けるように支援していきます。ご家族の方の不安を少しでも取り除けるように支援していきます。

介護者が介護に関するさまざまな相談ができる「認知症カフェ」を用意して、介護者の不安を少しでも取り除けるよう努力いたします。また、「認知症家族の会」へも積極的に参加し、介護者への支援を行っていきます。

行政や地域の医療機関と連携して高齢者が暮らしやすい地域を実現します。行政や地域の医療機関と連携して高齢者が暮らしやすい地域を実現します。

地域との連携をより強固なものにするため、行政・医療機関が、保健医療・介護機関等との連携を強化し、認知症の医療と介護の切れ目ない提供等を行うことを目的とした「広島県呉江田島地区認知症疾患医療連携協議会」に参画し、高齢者の暮らしやすい地域を実現します。

認知症の予防法や治療方法、リハビリテーションの方法などを研究し、よりよい医療・看護を目指します。認知症の予防法や治療方法、リハビリテーションの方法などを研究し、よりよい医療・看護を目指します。

認知症の予防には、生活習慣の改善と脳機能のトレーニングが必要です。これらを継続することは認知症の予防につながります。また認知症は、治療やケアを行うことで進行の速度を遅くしたり、出ている症状を軽減させることができます。薬物療法やリハビリテーションを通じて、ご本人が自立した生活を送れるようにサポートします。

認知症の患者さまやそのご家族の立場に立ちあたたかく思いやりのある病院を目指します。認知症の患者さまやそのご家族の立場に立ちあたたかく思いやりのある病院を目指します。

認知症の人やその家族の視点を認知症施策の企画・立案や評価に反映させるため、患者さまや介護者の目線でのサポートを常に心がけます。また、介護者の方には「安心」して患者さまをおまかせいただけると自負しております。